シール(ポジション)を貼る位置


ある生徒さんから、

「講座に来て、シールの位置が違ってた事に気づいて、良かったですっ♪」

っという意外なコメントを頂きましたっ (^^)



この方は、中古で楽器を購入。つまり、前所有者が貼る位置を間違えていたんです。

講座に来なかったら、この事に気づかず。


もし、そのまま弾いていたら、

その楽器は、また中古として売られてしまってたかもしれません。。((おろろ))



前所有者は、「いくら弾いても、変な音だなぁ」っと思って、手放したのかなぁ?

そう考えるとお気の毒です・・・(涙)


そんな方が増えないようにっ。

シールを貼る位置を書いておきますね。



ちなみに、新品を購入した場合は、以下と同じような図が説明書きとして添えられています。